1. HOME
  2. 事業
  3. 事業伴走支援
  4. 事業創出プログラム for Startup

事業伴走支援

事業伴走支援

事業創出プログラム for Startup

スタートアップという存在が日本に馴染みつつある今日ですが、中には「起業したくても起業できない」という起業家の方も多くいます。これを解決すべく、Arinosはこれまで国内外で20以上の事業を立ち上げた経験・ノウハウから「事業創出プログラム for Startup」を開発しました。誰もが起業にチャレンジできる仕組みを構築し、継続して新規事業が創出される社会を目指しています。

起業経験がないと起業できないジレンマ

欧米諸国や中国と比較しても日本発のスタートアップの数、ユニコーン数、調達額など、スタートアップに関する指標で日本は大きく遅れを取っています。日本でもようやくスタートアップへの投資が一般的に認知されるようになりましたが、既存の融資/出資スキームでは「実績のある起業家」だけが優遇され、多くの「実績のない起業家」は融資や出資を受けることが困難な状況にあります。これが日本のスタートアップの成長を阻害し、ひいては日本の経済成長鈍化の大きな原因と考えられています。

実績のない起業家がチャレンジできる世界を

この状況に対するArinosの解決策は、新しい出資/融資スキームを構築して「実績のない起業家」でも、「事業化することに本気」であればチャレンジできる世界をつくることです。金融機関やVCが支援しきれていない起業家に対して、ファンドからテストマーケティングにかかる費用を投資しします。その投資を用いてテストマーケティングを行い、実績を残すことで次の資金調達を可能します。

徹底した伴走支援

前述の投資/出資スキームはあくまで手段であり、目的ではありません。本プログラムの最大の特徴は弊社のメンバーが「伴走」しながら、事業立ち上げを行う点にあります。Arinosは2010年の創業からコンサルティング事業と並行して、20以上の新規事業を日本、フィリピン、カンボジア、スリランカで立ち上げています。この経験を最大限に活かしてコンサルティングではなく、文字通りの「伴走」で事業を前に進めることにコミットします。


(参考)事業創出プログラム for Startupの全体像

本プログラムの3つの特徴

手足を動かす伴走支援
VCやコンサルティング会社の新規事業立ち上げ支援は経営に対するアドバイスやコネクションの紹介といった支援が一般的です。本プログラムでは事業を前に進めるために手足を動かすことも厭わない点が最大の特徴です。 (一例) テストマーケティングの実行(Webサイト・アプリ構築、広告運用等) 、営業資料の作成・営業同席、資金繰り計画、事業計画の作成、事業の進捗管理など

自社のインキュベーション施設
自社運営のシェアオフィス「六本木レクシオン」を有しており、起業家向けに安価で好立地な環境を提供します。資金調達に際してはオフィススペースを有することが条件になるケースもあり、それらをワンストップでご支援可能です。入居者同士の起業家コミュニティも運営しており、起業家にとって最適な事業環境となっています。

成功報酬型の料金体系
本プログラムは資金調達額に応じた成功報酬型です。そのため実績や自己資金が少ない場合でも高品質な伴走支援を受けることが可能です。

 

本サービスの詳細は以下ページよりお問い合わせください。
お問い合わせ