簡易業務診断アンケート

先般、業務精査サービスにご興味いただきまして、ありがとうございます
弊社では、限られた経営資源(ヒト・モノ・カネ)で業務効率化やコスト削減を
目指すために、課題の抽出や解決策のご提案をしております。
こちらの業務診断アンケートにご回答いただくことで、
「人材、組織、行動・作業、ビジネスプロセス、IT」の中で重要課題の特定と
推奨解決策のご提示をいたします。

1.業務を担当する部署が不明確であったり、部署が担当する領域が不明確な状態である

2.業務を担当する担当者が不明確であったり、各担当者が担当する領域が不明確な状態である。

3.担当者によって業務理解度にばらつきが生じてる。

4.担当者によって業務取組姿勢にばらつきが生じている。

5.担当者間の業務・作業能力の差が大きい。

6.各業務領域において、最終的な責任者が明確になっていない。

7.事業部間の組織ミッションが制定されていない、または重複・抜け漏れが生じている。

8.会社自体の意思決定にぶれが生じていたり、スピードが遅かったりなど、風土に業務遂行を阻害されていると感じることがある。

9.会社の就業ルールに業務遂行を阻害されていると感じることがある。

10.業務を遂行するにあたり、人員数に不足を感じている。

11.人によって業務・作業の進め方が異なっている。

12.業務・作業についてのマニュアルが存在していない、または存在するが活用されていない。

13.業務・作業遂行時のルールが明確になっていない、または業務に合致していない。

14.業務・作業環境が人によって異なる、または不便を感じることがある。

15.各人の業務・作業内容を把握している担当者が不在、または管理自体ができていない状態である。

16.業務遂行時のプロセスが唯一でなく、遂行ごとに辿るプロセスが異なることがある。

17.業務遂行時に情報の伝達漏れや認識の齟齬が生じることがある。

18.業務遂行時に連携する帳票が多かったり、煩雑であったりする。

19.特定役職者、担当者が原因で業務滞留が生じることがある。

20.業務プロセスを流れる業務の全容を把握している担当者が不在、または管理自体ができていない状態である。

21.必要なシステムが導入されていない、または既存システムに必要な機能が備わっていないと感じることがある。

22.不要なシステムが導入されていると感じることがある。

23.導入されているシステム、または機能が活用されていないと感じることがある。

24.複数のシステム間で連携が取れていないことに不便を感じることがある。

25.会社としてのシステム導入方針が明確になっていない。