News

Arinos、お寺の経営・DXの支援を手掛ける株式会社366と業務提携

株式会社Arinos(本社:東京都港区、代表取締役社長:古家由也、以下「当社」)は株式会社366(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO:伊藤照男、以下「366」)と業務提携を行い、366のDX事業の立上げを共同で行う事になりました。

◆366について
366は樹木葬開発のパイオニアである伊藤照男氏により今年10月に設立されました。「供養のあり方」と「お寺のスタイル」を変革するため、以下の3つのテーマで拡大予定です。
1.  樹木葬等、墓地・納骨堂の新設/販売支援
2.  お寺等、宗教法人業務のDX支援
3.  宗教法人の顧問事業

◆業務提携におけるメリットについて
DX成功のカギは、
① ビジネス/サービス設計のスキル
② 組織マネジメントのスキル
③ デジタル技術の理解
があることだと考えられます。

当社は、創業以来、戦略・業務のコンサル、ITソリューションの提供を行ってきたこともあり、ビジネス・組織マネジメント・デジタル技術の知見(成功事例)を多く有しています。366のお寺業界の知見×当社のDXの知見を合わせることで、お寺のDXを企画~実行までシームレスに行えるようになります。

◆直近の支援内容について
当該事業は3つのSTEPで進めていきます。
STEP1:「樹木葬」を通じたサービス立上げ
STEP2:お寺のマネー管理におけるDX化
STEP3:お寺のコンタクト管理におけるDX化

<STEP1>
366の事業を軌道にのせるため「樹木葬」を通じたサービス立上げを行います。
目下、
① 樹木葬の営業チーム構築/販売拡大
② 採用スキームの構築
※需要をウォッチしながらチーム数を拡大します。最大4チーム構築予定。
を行い、2021年2月までに年間3〜4件の「樹木葬」導入を実現できるチーム体制を構築します。

<STEP2>
マネー管理のDX化支援ということで、お布施やお賽銭など現金のやり取りが一般化している業界に対しキャッシュレス決済の導入を進めていきます。

<STEP3>
宗教者が檀信徒や一般市民と「いつ・どこで・どんな話をしたのか」というログを残しコンタクト管理ができる仕組みを提供します。宗教者にとって人間関係は最重要であり、一人ひとりの信者等に宗教者が寄り添い距離を近づけていくための重要な役目を担えると考えています。

(補足)STEP2、3では当社のDXの知見・経験をもとに事業に合わせた企画から提案、実施までのサイクルを常に回す形で支援していきます。

私たちはお寺・宗教法人のあり方や未来のインフラを変革する活動を行っていきます。
これからの366とArinosの取り組みにご注目ください。

【366会社概要】
会社名     :株式会社366(さんろくろく)
所在地     :東京都世田谷区奥沢7−17−17
代表者     :伊藤 照男
設立      :2020年10月1日
事業内容    :宗教法人の経営コンサルティング
墓地・納骨堂等の経営コンサルティング
HP      :https://366.today/

【本件に関するお問い合わせ先】
会社名     :株式会社Arinos
担当者     :岸川 武史
所在地     :東京都港区芝2-3-9 VORT芝公園IIビル 3階
TEL      :03-6261-6485(平日9:00〜18:00)
Email      :takeshi.kishikawa@arinos.co.jp
HP        :https://arinos.co.jp/